膝の痛みオズグッド・シュラッター病でお悩みの方|ぜひ那覇あゆみ整骨院小禄院へ!!!

膝の痛みオズグッド・シュラッター病でお悩みの方
ぜひ那覇あゆみ整骨院小禄院へ!!!

こんにちは那覇あゆみ整骨院小禄院です(^。^)
5月になりGWも終わり暑くなってきました。
毎年GWが終わるとすぐに梅雨がやってきますが、運転の方お気をつけ下さい!!

はい!では今回はオズグッド・シュラッター病についてお話していきます。

まず、スポーツによる使いすぎにより発症することが多く、主に陸上選手やバスケ、バレーなどのジャンプをしたり、膝の曲げ伸ばしをすることが多いスポーツに多く見られます。

主にクラブ活動をしている12~13歳前後の男子に多いです。

オズグッド・シュラッター病というのは、
大腿四頭筋という太ももの前の大きな筋肉で膝を曲げ伸ばしする時に使います。

膝を曲げ伸ばしする動きとしては走ったり、跳んだりというのを過度にすることによって、脛骨粗面という膝の少し下の方に運動したとき痛みが出たり、さらに悪化すると膝の下の方が膨隆してきたりします。

悪化して膨隆してくると正座をしたとき膝の少し下の方が痛かったり、この膨隆している所をぶつけたり、少し触れたりするだけで強い痛みを感じたりします。

膝の下の方が膨隆する理由としては、
筋肉が硬くなることによって本来の筋肉の伸び縮みができなくなり引っ張られることで膨隆してしまいます。

オズグッド・シュラッター病の場合は、痛みを感じ整形外科さんを受診した際
レントゲンで異常が映らないことが多いです。

そのため、整形外科さんを受診しても痛み止めやシップなどを処方され安静にしてと指示される事が多いです。

また、オズグット・シュラッター病の場合は、身体の前面の筋肉を主に使いすぎる傾向があり、姿勢の悪さや左右のバランスの違いで膝を痛めてしまう事があります。
それ以外にも、前面と後面の筋肉のバランスの違いで膝の前面に主に負担をかけてしまう事があります。

実際、膝の膨隆を取る事は手術をする選択肢しかありませんが、しっかり膝周りの治療を行い、バランスを整えたり、運動する際はサポーターなどを使用するこことで痛みを緩和することができます。

なので、那覇あゆみ整骨院小禄院では身体の前面の筋肉(大腿四頭筋)を特殊な機械で治療をしていき硬くなっている筋肉を緩めて筋肉の前面と後面のバランスを整えていき、ストレッチ指導もご提案させて頂きます。

他の整骨院や整形外科さんを受診して、治療やリハビリを行なったが、なかなか改善されなかった方!
是非、一度那覇あゆみ整骨院へご相談ください!
スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます!!

【診療時間】
平日AM:9:00-12:00
PM:16:00-20:00

土曜AM9:00-12:00
PM13:30-17:30

日曜AM9:00-12:30
※ 木曜日休診日

◎小禄院
〒900-0027
那覇市山下町31-1 ウェイサイドパレス1F
TEL 098-987-0273

 

 

 

 

 

 

坐骨神経痛でお悩みの方!ぜひ那覇あゆみ整骨院小禄院へご相談ください!!

坐骨神経痛でお悩みの方!ぜひ那覇あゆみ整骨院小禄院へご相談ください!!

こんにちは!( ´ ▽ ` )
4月が終わりもう5月ですね。5月は梅雨も始まり天気も崩れやすくなりますので体調管理には気をつけて下さい!!

那覇あゆみ整骨院小禄院のGW期間中の診療時間として、
5月3.4.5日は休診とさせて頂いております。

5月6日は日曜日になりますが、午前診療として開院しておりますので、
お困りの方は是非一度那覇あゆみ整骨院へご相談ください!

 

さて今回は坐骨神経痛についてのお話を致します。

坐骨神経とは、お尻から足まで伸びている人体で最大の神経で様々な原因によって圧迫や刺激されることでしびれや痛みとして症状が出てきてしまいます。
多くの原因は、腰椎椎間板ヘルニアが多くの原因となっています。
しかし、筋肉が硬くなってしまって圧迫や刺激を加える場合でも症状が出てきます。

椎間板ヘルニアになる原因として日々の生活での椎間板に負担が積み重なり発症します。
その負担を加えてしまうのが硬くなってしまった筋肉なのです。
ですので、ヘルニアと言う名前が付いていても筋肉に対しての治療をして坐骨神経痛の症状を改善することができます。

坐骨神経の周りには様々な筋肉があり、その間を坐骨神経が通っています。
そのため坐骨神経の通り道にある筋肉がどれか一つでも硬くなってしまうと、その坐骨神経を圧迫してしまってしびれや痛みを引き起こしてしまいます。

整形外科などでレントゲンを撮っても、原因が分からないと言われる方も少なくありません。
それは、レントゲン写真では筋肉などの組織は映らないためです。
原因が分からないと言われた方でも、筋肉の硬さが痛みやしびれを起こしているのがほとんどです。
なので、坐骨神経痛と言うのは坐骨神経の周りにある硬くなってしまった筋肉を治療して柔らかくすることで、症状が改善されます。

坐骨神経痛は人体最大の神経なので痛みやしびれが強いため、早めに治療をして改善させる事が日常生活での負担も軽減します。
坐骨神経痛でお悩みの方!!!!是非、那覇あゆみ整骨院小禄院へご相談ください!!!

 

【診療時間】
平日AM:9:00-12:00
PM:16:00-20:00

土曜AM9:00-12:00
PM13:30-17:30

日曜AM9:00-12:30
※ 木曜日休診日

◎小禄院
〒900-0027
那覇市山下町31-1 ウェイサイドパレス1F
TEL 098-987-0273

 

 

肩こりと頭痛

こんにちは、那覇あゆみ整骨院小禄院です^ ^
4月に入り、新生活を迎えられた方も多くいらっしゃいますね♩
那覇あゆみ整骨院も入社式を終え、フレッシュな仲間が入社しましたよ♪( ´▽`)

肩こりでお悩みの方、頭痛にも悩まされてはいませんか?
頭の後ろから肩にかけての痛みや、頭全体が締め付けられるような痛みがある場合、頭痛の原因は肩こりかもしれません。
頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血の流れが悪くなってしまい、頭痛が起こってしまいます。
中でも、首や背中の後ろから首にかけて広がっている僧帽筋という筋肉と、首筋にある肩甲拳筋という筋肉は肩こりと関わりが深いです。

なぜ肩こりで頭痛が起こってしまのか。
その理由は、脳には大量の血液が必要です。そのため、首には左右に4本もの動脈が通っています。
ひどい肩こりが起きている時の筋肉は、肩の筋肉が緊張している状態です。肩こりになってしまうと、首の動脈を圧迫してしまうことで血流が悪くなってしまうのです。その結果、脳に対して十分な血液が届かなくなったり、静脈に血がたまってしまい、うっ血を起こしてしまいます。
さらに、酸素不足が起こり、頭痛やめまいの原因となります。人によっては頭痛とめまいだけではなく、吐き気や目の奥の痛みなどの症状も出てしまう方もいます。

実は肩こりから来る頭痛にも種類があります。
●緊張型頭痛●
肩こり・首こりで起きる頭痛の多くはこの緊張型頭痛です。特徴としては、後頭部から首筋にかけて、重く締め付けられるように痛み、頭の両側に広がることもあります。頭痛が起こる前に、首筋や肩が張っていたり、鈍い痛みを感じる場合は肩こりと言えます。
緊張型頭痛はもっとも多い頭痛のタイプで、痛みの他に、めまいのようなふらつき感や、身体にだるさを感じる方も多くいらっしゃいます。痛みが継続して起こるのも特徴です。
原因としては、長時間同じ姿勢でいることです。デスクワークでのパソコン作業やスマートフォン。眼精疲労や姿勢の悪さが原因です。頭を支えている筋肉が緊張して固まり、血行が悪くなり起こります。

緊張型頭痛を起こさないためには、筋肉のコリを解消し、血行をよくしましょう!
日常生活での習慣の改善も必要です。首や肩に負担がかかりやすい猫背などの悪い姿勢をとらないよう意識し、デスクワークが長時間続く際には、休憩を挟み、ストレッチなどを行い筋肉をほぐしましょう!

那覇あゆみ整骨院小禄院ではお一人お一人のお身体に合わせたオーダーメイドの治療を行なっております。何をしてもなかなか改善されなかった肩こりのお悩みを、ぜひ当院へご相談下さい!

那覇あゆみ整骨院小禄院では交通事故治療も行なっております。
春先は歩行者だけではなく、自転車で走行している方も増えます。
一人一人が交通ルールを守り、交通事故のないように心がけましょう♩
もし、交通事故でお困りのことがございましたら、遠慮なくご相談くださいね(^^)