肩こりはマッサージで良くならないって本当?

こんにちは、那覇あゆみ整骨院です。
今日は肩こりについて、お話しさせていただきたいと思います。

肩こりにお悩みの方が多いと思いますが、肩こりの原因はとても様々で、姿勢が悪かったり、眼精疲労、精神的苦痛、血流が悪いなど、様々なものが原因として挙げられます。その中で特に原因として多いのが、運動不足です。

現代社会では、デスクワークをされている方がとても多く、そういった仕事をされる方のほとんどは、肩を動かすことがほとんど無いのが現状です。姿勢が前傾姿勢になり、頭が前に倒れ、肩周りの肩甲骨を覆っている筋肉が、衰えます。

肩こりになった際にマッサージに行くという方はとても多いと思います。
実際に気持ちが良いので受けた後は軽くなったような気がする方もいると思いますが、肩こりの解決になっているわけではありません。
肩こりは、筋肉に老廃物がたまっている状態や筋肉が過度に緊張してしまっていて動かしにくい状態のことを言います。

マッサージを受けると筋肉の周りを覆っている筋膜が損傷して、その組織が修復する際に筋肉が緊張してより硬くなってしまいます。

では肩こりに対してどういったことをしていけば良いのでしょうか?

また運動不足によって引き起こる三つの影響についてお話しします。
◯猫背
◯筋力低下
◯柔軟性不足

猫背
肩こりの方にとても多い姿勢の一つで、肩が前に出ていて背中が丸くなった状態が特徴です。
身体の10%ほどの重さがある、頭が前に突き出した状態になっていると肩こりが改善されるのはとても難しい状態と言えます。

筋力低下
首から背中、の筋肉に起こる事があります。猫背の姿勢ではしっかりと筋肉を動かす事ができないので、筋力が低下してしまいます。

柔軟性不足
姿勢が悪い状態だと筋肉が常に伸ばされた状態になってしまうので、筋肉が次第に硬くなってしまう事が多いです。
肩こりを解消させるためには姿勢をしっかりといい状態にしていく事がとても重要になってきます。

次に日常生活で行う事ができるストレッチをご紹介いたします。

まず一つが、両手を万歳するようにした状態で肘を曲げ、腕を組みますその状態で、体を横にそらします。イメージとしては脇腹を伸ばすようなイメージです。
肩を伸ばすかたもいらっしゃいますが肩こりの場合、筋肉が伸びきってしまっている事が多いので、この運動をしてもらう事で、肩甲骨の負担がへり、肩こりの解消につながります。一回あたりの時間は20秒くらいの時間が目安となっているのでおすすめです。

次は肘を伸ばした状態で腕を後ろに回し、腕を組みます。
その状態で肩回しを前周りと後ろ周りを各10回ほど回します。

次に、腕を前で組みます。その状態で前習えをする方向に、腕を伸ばし、背中の肩甲骨の間の筋肉を伸ばすイメージで伸ばしていきます。
こちらも一回20秒ほどの時間をかけて行なってください。

肩こりを改善するためには、治療も必要ですがそれ以上に1番大事なのは日常生活の生活習慣です。
現在はスマートフォンも普及し、インターネットが発展してからデスクワークの仕事が増え、デスクワークでなくてもほとんどの仕事で、パソコンを使う事が多いのではないかと思います。
日常生活をこの機会に見直してみてください、それだけで身体は変化してくると思います。

次に日常生活で是非取り入れていただきたいものがあります。
それは、食事の改善です。
肩こりに悩んでいる方に効果的な栄養素がありますが、それは、ビタミンEです。どのような食品に多く含まれているのかをご紹介いたします。

そこでとてもおすすめな食品がアボカドです。
アボカドにはビタミンEが豊富に含まれており、肩こり改善に最適です。また疲労を取る事で、有名な、ビタミンB1、B2も含まれているので、疲れが溜まっている方にも良いでしょう。

一日の摂取量の目安は、1/2個が目安です。できれば生で食べることをお勧め致します。サラダや、軽く味付けした和え物などでいただくと良いと思います。

次にアボカドと相性の良い食材をご紹介いたします。
まずお勧めなのが、豚肉です。豚肉はビタミンB群が豊富に含まれているので、アボカドと一緒に食べる事でより疲労回復にぴったりな食事になります。
食生活も一緒に改善すると肩こりも良くなりますよ!

アボカドを取り入れて、1〜2週間で効果を実感される方も多いようです。
食生活のみを変えるだけではなく、先ほどご紹介したストレッチなどを組み合わせる事で、肩こりは楽になると思いますので、ぜひ皆さんも取り入れてみては如何でしょうか。

実際に私もこのストレッチや、食生活を意識して日常生活に入れてみたところ肩こりを感じる事がほとんど無くなりました。
辛い症状になる前に、予防することはとても大事なことだと思います。
一度習慣にしてしまえば、忘れることもなくなると思いますので、まずは1週間からでも良いので、これらの習慣を取り入れてみては如何でしょうか。

 

腰痛の原因って実は筋肉にあるってほんと!?

 

みなさんこんにちは・:*+.\(( °ω° ))/.:+
那覇市新都心にあります、那覇あゆみ整骨院天久院です!!

2019年明けましておめでとうございます( ´∀`)
本年度もどうぞよろしくお願い致します!!!

 

みなさん年末年始はどうお過ごしになられましたか??
お掃除された方、里帰りをされた方、親戚家族と過ごされた方、
子どもたちとたくさん遊ばれた方、まったりと過ごされた方、
普段できないような特別な過ごし方をされたことと思います。
中にはいつも通り出勤された方もいるかもしれませんね( ;∀;)

 

そんな皆さん、体に疲れは残っておりませんか??

 

久し振りの連休で体を酷使された方、コリやハリを感じていませんか?

特に年齢を重ねるごとに疲労が溜まりやすくなる箇所
それは、「腰」です!!!!!

ここ数日腰が痛い、重い感じがする、張っているかも、
何かと感じるその違和感はもしかしたら筋肉に問題があるかもしれません

そもそも腰痛ってなんだろう??

 

一口に腰痛と言ってもいくつか種類があります

MRIやレントゲンで分かる腰痛
①椎間板ヘルニア ②腰部脊柱管狭窄症 ③圧迫骨折
④化膿性脊椎炎 ⑤がん

この症状は病気や骨自体に異常があった場合腰に痛みが出るものです

MRIやレントゲンでは分からない腰痛
①椎間関節 ②仙腸関節 ③筋肉 ④心理的要因

椎間関節というのは上下にある腰椎を繋げる役目を果たす骨で
椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの症状があります

仙腸関節というのは骨盤の中心にある仙骨と骨盤の両端にある
腸骨の間にある関節のことを言います。

この症状は骨ではなく何かしらの原因が
神経を圧迫していることで痛みが出るものです

 

みんさんが普段感じる腰の痛みは、病気や骨の異常ではなく
一過性の痛みだったり、安静にしていると落ち着いたり
時間経過とともに緩和されることが多いものです

つまり③の筋肉が原因で痛みが起こっている可能性が高いのです!!

どうして痛みが出てくるの?

 

大きく分けて脊柱起立筋とそのさらに奥にある多裂筋
腰と筋肉による痛みと深く関係しています

脊柱起立筋とは、背骨を中心としてその背骨を両はしから
支えるように伸びている筋肉のことです

 

 

年齢を重ねるごとに脊柱起立筋や多裂筋が衰えてくるので
筋肉による腰痛を引き起こしやすくなるのです

今自分の筋肉が衰えているのか簡単に確認できる方法があります

まずうつ伏せに寝ます
背筋をする要領で体を後ろに反らします
もし反らすことができなければ背中の筋力が衰えている可能性があります

 

この背中の筋肉がうまく機能しないことで腰に負担がかかるのです

 

普段の生活の中でよく首がこった〜肩がこった〜と感じることがあると思います
腰痛もそれと同じく、腰がこった〜という感覚なのです!!

どういうことか説明すると…

首こり肩こりの原因としてあげられることは「姿勢」です!!
日頃からデスクワークが多い職業の方は何度も経験されていることでしょう

パソコンに集中するあまり段々と画面と目との距離感が
近くなってくると感じたことはありませんか???

業務に集中しすぎて首や肩に力が入り
やや前のめりな姿勢になってしまいがちですよね

実はその姿勢の悪さが筋肉のコリを引き起こしているのです!!

そのメカニズムは腰痛でも同じことが言えます

 

背中のこりと腰のこりの関係性

 

姿勢が悪いと筋肉はこります
筋肉がこると身体全体的に怠く重い感じがしますよね
筋肉のこりというのは筋肉が固いということとイコールです
つまり姿勢が悪い状態が長ければ長いほど
筋肉の固さも次第に悪化していく為、背中がカチコチな状態です(T-T)

 

脊柱起立筋がうまく機能しない、つまり背中の筋肉がカチコチな状態だと
腰にどのような影響を及ぼすのでしょうか??

腰を動かすとき脊柱起立筋は腰と連動します

腰を動かす=脊柱起立筋も動く

背中がこって筋肉が思うように機能しないと
腰を動かした際、痛みが走ります

筋肉が思うように動かないというのは柔軟性が欠けている状態のことです

 

人の身体は動きに対して筋肉が伸縮します
うまく伸び縮みすることによって滑らかな動きができるのです

しかしその筋肉がカチコチな状態だと腰の動きと連動できなくなります

「腰はこう動かしたいのに背中は動きが制限されている…」

腰と背中の動きにギャップがあると、ギックリ腰になりかねません(/ _ ; )

 

椅子に座りっぱなし、急激な筋肉刺激、無理な力が加わるなど
筋肉に対して持続的な負担がかかると
損傷から守るために反射的に収縮します
縮んで身体を守れ!!と脳から指令が出され一時的に固くなるのです

それが急激であればあるほど筋肉が固くなる時間も長く
さらに酷い状態だと固くなったまま戻らないこともあります

筋肉の凝りの4大要素

 

カチコチになった筋肉の特徴として
①太い ②固い ③短い ④伸びない が挙げられます

①太い ②固い が原因で起こる痛みとは
いわゆるいつから痛み出したかよく覚えていない慢性的な痛みのことです

太くて固い筋肉は血管を圧迫し血流を悪くさせます
血流が悪くなると酸素の運搬が滞ってしまい血液内が酸欠状態になります
酸素が不足すると痛みを感じさせるブラジキニンという物質が分泌され
私たちは「痛い」と感じるのです

 

③短い ④伸びない が原因で起こる痛みと関係しているのが関節です

例えば太ももの前側の筋肉が短く伸びにくい状態で膝を曲げようとすると
膝の関節に負担がかかって関節の奥に痛みが出ます

他にも、上腕二頭筋の筋肉が固く縮んで伸びない状態で肘を伸ばすと
肘の関節に大きな負担がかかり肘の奥に痛みが出ます

このような関節の痛みには筋肉が原因であることが多いのです

 

 

筋肉のこりが原因で痛みを引き起こしているのなら
そのこりを和らげることが手っ取り早い解決策です!!

しかし、こりというのは急に現れるものではなく
姿勢の悪さや疲労などが蓄積され、その期間が長く続くと
痛みや損傷などの症状として現れるのです(T-T)

柔軟体操やマッサージをしたからといって
根本改善されることはなく、むしろより痛めてしまう恐れがあります

 

那覇あゆみ整骨院ではその痛みの根本となる
筋肉のこりに特化した治療を行なっております!!

昨年の疲労を綺麗さっぱり改善してみませんか??
みなさんの活力ある毎日を全力でサポートさせていただきますᕦ(ò_óˇ)ᕤ
ぜひ一度お問い合わせください!!