腰痛はなぜ改善されないの?その原因とは?

こんにちは!那覇あゆみ整骨院小禄院です( ^∀^)

12月に入りましたが、まだまだ寒くならずに暑い日が目立ちますね💦

天気も不安定になって来ているので、急な雨にも十分にご注意ください!!

さて、今回は腰痛についてのお話をしたいと思います。
みなさんのお悩みに多い腰痛はしっかりと改善されていますでしょうか?

日本では、腰痛でとても多くの人が悩みを抱えています。

まずはじめに腰痛とは何かを知ることから始めましょう。

腰には腰椎という5つの骨が重なって出来ていて、その腰椎の一つ一つの間に椎間板というクッションの役割をし衝撃を補うものが存在します。
腰痛のほとんどが、この腰椎に負担がかかり痛みや炎症を感じ症状がひどい状態の患者様が多くいらっしゃいます。

腰痛には、これ!といった原因を特定できるのは15%ほどです。
それ以外には、細菌感染症、血管系や、腰に近い臓器(腎臓)、尿管結石や子宮筋腫などが原因で臓器などから来る異常も腰痛を引き起こすことがあります。

原因が特定出来ない腰痛に関しては、
・精神的負担
→不安な状態が続いている。ストレスのかかる職業、寝つきが悪く不眠状態が続いている。

・身体的負担
→長時間同じような姿勢を取ることが多い、肥満傾向である。
冷え性がひどく末端が冷えていることが多い、運動をなかなkする機会がない

このような原因が考えられます。

腰痛の症状としては、
1,腰が常に重だるい、違和感を感じる
2,起床時に痛みを感じることがある。
3,前かがみの体勢を取ることがきつい
4,殿部から足にかけてジリジリとした痺れを感じることがある。
5,長時間同じ姿勢を取ることがきつい

このような症状がほとんどになります。

腰痛の対処法はいろんな方法があります。
1,薬物療法
病院を受診した際に処方される痛み止め(ロキソニン)などを言います。
痛みがひどい場合や、何か大会やお仕事で間に合わさなきゃいけない場合などに使用するといいでしょう。

2,神経ブロック療法
簡単にご説明すると、腰の痛い付近に注射をして痛みを抑えることです。
整形外科さんや麻酔科さんなどを受診すると注射を行い、
腰痛を感じている神経などを、直接麻痺させることで痛みが軽減することがあります。

みなさんは、このような対処を行なったことはありますか?

正直、私たちからはこのような対処法は何個かありますが、
どうしてもその場での対処法になってしまうので、また、繰り返してしまうことがあります。
患者様のお身体の為にも、しっかりお身体を治療していくことをおすすめしております。

そこで!なぜ腰痛は慢性化してしまうのでしょうか?

まず、腰痛を感じてしまうと、いつも以上に体を動かさなくなると思います。
そこでさらに精神的ストレスを感じ、痛みを抑える脳の神経が敏感になってしまうので神経自体がどんどん敏感になってしまうため、ストレスを感じてしまいます。

症状によっては、しっかりと安静にすることが必要な場合もありますが、
適度に運動を行うことで腰痛を防ぐことが出来ます。

 

そこで!!腰痛の治療方法として!
まず、腰の周りの(背中・殿部)をしっかり筋肉を緩めてあげることが必要です。
その為、那覇あゆみ整骨院では、トップアスリート選手も使用している微弱電流という特殊な機器を使用して、指では届かない範囲までしっかりと治療を行なって行きます。

特に殿部周りは筋肉が深くなっているので、直接指で治療を行うことが難しいです。
しっかりと根本的な部分を治療していく為にも、微弱電流を使用し、人間の元々持っている回復力を上げていくことで、少しずつ状態を上げていくことが出来ます。

病院や整骨院で治療するのはもちろんですが、ご自身で予防としてお家などで簡単にできるストレッチなどを紹介していきます。

1、ふくらはぎ〜太ももの裏まで伸ばすストレッチ

「下半身ストレッチ」の画像検索結果

仰向け状態でタオルやストレッチゴム(ストレッチチューブ)などを足の裏に引っ掛け両手で引っ張りながら少しずつ足を上げて行き、筋肉が伸びているなという状態で15秒キープします。
※この時、持ち上げている足の膝が曲がらないように意識しましょう!
このストレッチを2セット行います。

2、臀部の筋肉を伸ばす筋肉

イスやベットなどに浅く腰掛け、伸ばしたい方の足を反対側の膝の上に乗せて顔を足の方向に移動させ、状態を前に倒して行きます。このストレッチを左右15秒ずつ2セット行います。

3、背中〜腰までの筋肉を伸ばすストレッチ

関連画像
このストレッチは背中の筋肉を伸ばすストレッチなので
背中を丸めて筋肉を伸ばすイメージになります。手を前に出し、気持ち首を引いて丸めるようなイメージで行うと気持ちよく筋肉も伸びるでしょう。

ストレッチはいきなり行動に起こしたり、伸ばすのではなくゆっくり呼吸に合わせて行うことが必要になります。
いきなり伸ばしてしまうと硬い筋肉だからこそ、うまく伸び縮みが出来ずに怪我の原因になってしまいます。

ゆっくり呼吸に合わせてストレッチを行うようにしましょう!

さて、いくつかストレッチもご紹介させて頂きましたが、ストレッチは怪我の予防や疲労回復がメインになってきます。
ストレッチだけでは完全に根本治療を行なっていくには限界が出てきますが、
治療と両立していくと最短の近道になって状態をあげることが出来ます。

他の治療を受けてもなかなか改善しない。
マッサージしてもすぐ症状が戻ってしまう。
そろそろしつこい腰痛を根本的に治療をして行きたい。

このようなお悩みの方!!!ご相談ください!!
スタッフ一同、全力でサポート致します♪( ´▽`)

お気軽にご相談ください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です