肩こりと頭痛

こんにちは、那覇あゆみ整骨院小禄院です^ ^
4月に入り、新生活を迎えられた方も多くいらっしゃいますね♩
那覇あゆみ整骨院も入社式を終え、フレッシュな仲間が入社しましたよ♪( ´▽`)

肩こりでお悩みの方、頭痛にも悩まされてはいませんか?
頭の後ろから肩にかけての痛みや、頭全体が締め付けられるような痛みがある場合、頭痛の原因は肩こりかもしれません。
頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血の流れが悪くなってしまい、頭痛が起こってしまいます。
中でも、首や背中の後ろから首にかけて広がっている僧帽筋という筋肉と、首筋にある肩甲拳筋という筋肉は肩こりと関わりが深いです。

なぜ肩こりで頭痛が起こってしまのか。
その理由は、脳には大量の血液が必要です。そのため、首には左右に4本もの動脈が通っています。
ひどい肩こりが起きている時の筋肉は、肩の筋肉が緊張している状態です。肩こりになってしまうと、首の動脈を圧迫してしまうことで血流が悪くなってしまうのです。その結果、脳に対して十分な血液が届かなくなったり、静脈に血がたまってしまい、うっ血を起こしてしまいます。
さらに、酸素不足が起こり、頭痛やめまいの原因となります。人によっては頭痛とめまいだけではなく、吐き気や目の奥の痛みなどの症状も出てしまう方もいます。

実は肩こりから来る頭痛にも種類があります。
●緊張型頭痛●
肩こり・首こりで起きる頭痛の多くはこの緊張型頭痛です。特徴としては、後頭部から首筋にかけて、重く締め付けられるように痛み、頭の両側に広がることもあります。頭痛が起こる前に、首筋や肩が張っていたり、鈍い痛みを感じる場合は肩こりと言えます。
緊張型頭痛はもっとも多い頭痛のタイプで、痛みの他に、めまいのようなふらつき感や、身体にだるさを感じる方も多くいらっしゃいます。痛みが継続して起こるのも特徴です。
原因としては、長時間同じ姿勢でいることです。デスクワークでのパソコン作業やスマートフォン。眼精疲労や姿勢の悪さが原因です。頭を支えている筋肉が緊張して固まり、血行が悪くなり起こります。

緊張型頭痛を起こさないためには、筋肉のコリを解消し、血行をよくしましょう!
日常生活での習慣の改善も必要です。首や肩に負担がかかりやすい猫背などの悪い姿勢をとらないよう意識し、デスクワークが長時間続く際には、休憩を挟み、ストレッチなどを行い筋肉をほぐしましょう!

那覇あゆみ整骨院小禄院ではお一人お一人のお身体に合わせたオーダーメイドの治療を行なっております。何をしてもなかなか改善されなかった肩こりのお悩みを、ぜひ当院へご相談下さい!

那覇あゆみ整骨院小禄院では交通事故治療も行なっております。
春先は歩行者だけではなく、自転車で走行している方も増えます。
一人一人が交通ルールを守り、交通事故のないように心がけましょう♩
もし、交通事故でお困りのことがございましたら、遠慮なくご相談くださいね(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です