那覇天久、新都心で交通事故治療、むち打ちでお悩みの方は那覇あゆみ整骨院へ!

交通事故、むち打ちでお悩みの方は那覇あゆみ整骨院へ!

こんにちは!那覇あゆみ整骨院天久院です!
だいぶ暖かくなりみなさんドライブに行く機会も多くなっていると思いますが、この時期交通事故が多くなるのです。

交通事故にあってしまった際は興奮して何をすればいいか冷静に判断できなことも多いです。

交通事故が起きた後に、冷静に対応することができれば、その後の展開も、パニックなまま対応出来なかった時に比べて非常に楽で、有利なものとなってきます。
交通事故の初期対応1:けが人の救出

交通事故が起きた時にまずしなければならないことが、けが人の確認と救助です。特に交通量の多い場所で交通事故が起きた場合には後続車両にひかれてしまうなど、二次災害とも呼べる事故が発生してしまう危険性が高くなります。

自分が負った怪我も含めて、事故によって誰がどのような怪我をしてしまったのかを確認し、怪我をしてしまった人を安全な場所に誘導して、119番に連絡し、救急車を呼びましょう。

この時、目立った外傷がなくとも、後で症状が出る場合もあります。そのため、大きな怪我をした人がいないように見えても救急車を呼んでおく方がいいです。

交通事故の初期対応2:警察への連絡

けが人の確認と救出が終わったら、次に警察へと連絡を入れましょう。けが人の速やかな救助と警察への連絡は交通事故が起きた場合の義務です。連絡は基本的には加害者側が行うことになりますが、はっきりと加害者、被害者がわからないような交通事故場合もありえますので、余裕があるようでしたら自分で警察を呼びましょう。

交通事故の初期対応3:事故現場の記録

交通事故にあったら警察とは別に、自分でも事故の現場を『記憶』し、証拠となる『記録』を残しておきましょう。事故現場を確認しておくのが良いです。警察が来てからも現場検証、正式には状況見分が行われるわけですが、タイヤ痕など消えてしまいかねないものもあります。早い段階からお互いのスピードや停車意志、信号機の様子などをメモしておきましょう。

交通事故の初期対応4:相手の身元を確認する

警察に連絡し、事故現場へと移動してもらっている間に、事故に関しての情報を集めておきましょう。具体的には相手の身元と事故の状況を確認するのです。

交通事故の初期対応5:目撃者の確保

相手の身元の確認ができたところで、周りに目撃者がいた場合は証人として、同行してもらったり、連絡先を聞いておいたりしましょう。事件当事者と利害関係のない第三者の証人は警察や保険会社に信用されることが多いからです。

交通事故の初期対応6:保険会社に通知する

警察への連絡も終えたところで保険会社に連絡を入れるようにしましょう。示談交渉に入るのはムチ打ち症などの後遺症があることがわかり、様子の落ち着いた症状固定の状態になってからの方が良いですが、交通事故があったという事実は先に保険会社に伝えておかなければいざ交渉をといった時に足りない資料が出てくるなど後手後手に回ってしまいます。

交通事故の初期対応7:医師の診断を受ける

各所に連絡したら自身の怪我の状態を把握するために病院へ行きましょう。目立った外傷がなくとも、先に述べたムチ打ち症であったり、最悪脳内出血を起こしたりしてしまっている可能性もありえます。
このようにやるべきことがたくさんあるのので流れを把握しておくだけでもかなり変わってきます。

 

また那覇あゆみ整骨院では交通事故に特化した治療も行いますので
お悩みの際はお電話いただければ丁寧に対応させていただきます!

<診察時間>

AM:9:00〜12:00

PM:16:00〜20:00

天久院
〒900-0005
沖縄県那覇市天久2丁目1−2天久りうぼう楽市すぐ横
電話:電話:098-869-2112

《アクセス》

天久りうぼう楽市さんの目の前です!

居眠り運転 - 衝突 - 交通事故無料ダウンロード/イラスト素材/絵